カトリック広島司教区 倉敷教会

catholic.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カトリック倉敷教会

d0181692_22582627.gif

d0181692_0543470.jpg


カトリック 広島司教区
倉敷教会

〒710-0057 岡山県 倉敷市 昭和2-1-62
℡ 086-422-0680 Fax 422-0820


                                  2010.7倉敷教会・広報部

    東日本大地震の被災地域の皆さまへは
           心からお見舞いを申し上げます。
 

遠隔地方からの状況把握は困難ではございますが、
復興に際しての協力をいといません。

倉敷ブロック、各小教区は、出来る限りの事を見つけて
心を尽くして参りたいと念います。

「カリタス・ジャパン」への募金は、
各教会、または下記へお願いいたします。

郵便振替番号:00170-5-95979
加入者名:カリタスジャパン

                   
            倉敷教会・信徒評議会
# by CatholicKurashiki | 2011-12-31 23:50 | カトリック教会について

はじめまして。聖堂のベンチはいつでもあなたを待っています。

 はじめまして。 カトリック教会です。

教会は、イエスさまを信じる人たちが集って
共にお祈りを捧げて平和の活動をしています。

カトリック教会の「ミサ」は、誰でも、いつでも参加できます。
そして、初めてミサに来た方に住所を聞いたり、
親しげに話しかけたりはいたしません。

でも...寂しいときは
「初めて来て、どうしたらいいの?」と、声をかけて下さい。
きっと、新しい出会いがあると思います。

どうぞ、聖堂のベンチに腰かけてみてください。
心静かにお祈りをしたい時、悲しいことをこらえている時、
どんな時でも歓迎です。


 聖堂の 「ベンチ」 は・・・
いつでも 「あなた」 を待っています。


d0181692_359357.jpg

# by CatholicKurashiki | 2011-12-31 10:00 | 初めてのみなさまへ

教会の結婚式を希望される方へ


≪ 教会で053.gif結婚式を希望される方へ ≫
d0181692_3524522.jpg

教会での結婚式を希望される方は、
教会事務所にて説明を受けてからお申込み下さい。

挙式なさるお二人が直接事務所までお越しになり、
挙式申込書にご記入願います。
(電話・口頭によるご予約はできません、ご了承ください)

申込み内容が司祭により承認されますと、
司祭会議にて「担当司祭」が決まります。
担当司祭から挙式申込者へ連絡いたします。
(別の司祭に依頼されたい場合は、ご相談下さい。)

029.gif挙式申込者は、結婚式までに、
担当司祭による「結婚講座」を受講して頂きます。

受講日等は担当司祭と相談の上で決めて頂けます。

お住まいが遠い場合には、
お近くの教会でも講座を受けることは可能です。

056.gifお衣装・記念写真・お花などは、
挙式申込者さまで、お手配を願いますが、
当日の配置・準備等、片付け等は
教会スタッフがさせて頂きます。

*他所の教会に所属の方は、
先に必ず、所属教会の司祭と相談して下さい。

では、お越しを(⌒▽⌒)お待ちいたしております。
 


 カトリック倉敷教会
〒710-0057 岡山県 倉敷市 昭和2-1-62
086-422-0680 Fax 422-0820


# by CatholicKurashiki | 2011-12-31 08:00 | 結婚式のご案内

倉敷教会の講座・勉強会のご案内

聖書講座 (どなたでも参加できます) 
(火)10:00 ~ 11:30
(水)10:00 ~ 11:30


聖書と典礼 
(金)10:00 ~ 11:00


【求道者のための勉強会】
入門講座 
(火)13:00~14:00  講師:シスター小田 NEW!
(水)10:00 ~ 11:30
(水)19:00 ~ 21:00 
(日)10:30 ~ 11:30



その他の講座  (どなたでも参加できます)  
フランス語講座 (火)19:00 ~ 21:00
聖歌を歌う    (水)13:15 ~ 14:45

# by CatholicKurashiki | 2011-12-31 07:00 | 講座・勉強会のご案内

主な行事予定



2011年の夏・広島教区練成会は、
山口・島根地区【防府教会】の予定です。

 
# by CatholicKurashiki | 2010-09-13 01:36 | イベント

旧建物と現在の建物


1930年10月5日現在地に献堂(旧建物・正面)

d0181692_10355889.jpg
 1.旧教会建物(聖堂入り口:クリスマス撮影)

d0181692_10372937.jpg
 2.旧教会建物(教会正門から:復活祭撮影)

d0181692_10405018.jpg
 3.旧聖堂にて(教会学校:夏の合宿撮影)

 1996年に取り壊して新築
カトリック倉敷教会の建物は「平成8年度(第4回)建築文化賞受賞建築物・一般建築物部門 奨励賞」受賞

倉敷市の公式HPより
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=6207


d0181692_1043073.jpg
 4.現在のカトリック倉敷教会:完成直後撮影)

 倉敷の繁華街の中で、行き交う人をそのまま引き込めるように、セットバックされており、教会という大きな度量で地域の集会・行事に開放できるよう計画されている。 この教会は、従来の教会というイメージを大胆に打ち破る一方、教会としての荘厳さ、神聖さをけがれのない純白の壁で表現している。 また、人を誘い込まずにはいられない、タイムトンネルのような入り口を正面に配した白壁の外観が、倉敷のアイデンティティを感じさせるデザインとなっている。

所 在 地:倉敷市昭和2丁目446番1、446番3、447番3
建 築 主:カトリック広島司教区 代表役員 三末篤實
設 計 者:有限会社 青木建築設計事務所
施 工 者:清水建設株式会社 広島支店
概  要:教会
RC造・地上3階
敷地面積 2,175.06m2
建築面積 772.81m2
延べ面積 1,455.93m2

完成時期:平成7年12月

「倉敷市役所公式ホームページ(倉敷市建設局建築部建築指導課)
建設局 >建築指導課 >建築文化賞・都市建築優秀賞 >倉敷市建築文化賞受賞作品 第4回 平成8年度 >カトリック倉敷教会」・・・より

*リンク掲載許諾済み

# by CatholicKurashiki | 2010-07-31 03:00 | 倉敷教会について

所在地図

ここを041.gifクリックすると
「倉敷教会」周辺地図がUPされます




岡山県 倉敷市 昭和2-1-62
# by CatholicKurashiki | 2010-07-14 03:00 | アクセス

ローマ・カトリック

040.gif工事中

     しばらくお待ちくださいませ。。。

# by CatholicKurashiki | 2010-07-14 02:23 | カトリック教会について

倉敷3教会

040.gif工事中

     しばらくお待ちくださいませ。。。

# by CatholicKurashiki | 2010-07-14 02:22 | 倉敷ブロック 共同司牧について

教会ニュース  そのとき あなたはにんじん、卵、コーヒーの種ですか。

にんじん、卵とコーヒーの一粒
                             ブレ―ズ神父

 ある若い女性は、多くの災難に直面して落ち込んでいた。
母親のところに行って日常生活の苦難を話した。
どうしようもなく、あきらめて自殺でもしてこの世の悩みから開放されたいと正直に話した。

 彼女にとって一つの問題が解決したら、新しい問題が発生するというような気がしていました。お母さんは最後まで話しを聞いてあげました。彼女の問題に対して何のアドバイスもせず、悩んでいる娘を台所に連れて行って、三つのなべに水を一杯入れて火にかけた。しばらくすると湯が沸騰しはじめた。第一の鍋にはにんじん、第二には卵、第三の鍋にはコーヒーを入れました。一言も言わずに三つの鍋を沸騰させました。20分後、火を消して、にんじんの鍋のお湯を切ってお皿に載せて、卵を出して次のお皿に、最後にコーヒーをカップに注ぎました。

  娘に向かって「何が見えていますか」。
  彼女は「にんじん、卵とコーヒー」と応えました。

 お母さんは娘に近づいて、にんじんを触るように頼みました。彼女はさわると、にんじんが柔らかくなったことに気付いた。次に、お母さんは彼女が卵一個を取って殻を取るように言いました。彼女は卵を持って硬くなったことがわかった。最後に、お母さんはコーヒーのにおいを嗅いでコーヒーを飲むように言いました。彼女は笑顔で一杯のコーヒーを飲みました。
 彼女は何もわからなくて、お母さんに「どういう意味ですか。何を言いたいの」と尋ねた。お母さんはにんじんも卵もコーヒーも同じ火の強さに立ち向かっても、それぞれ違う反応をしました。つまり、問題は火の熱さではなく、熱さに対する私たちの反応です。

 物事はよくも悪くもありません。あるがままである。
人は死んだり、失敗したり、成功しなかったり、誤解されたり、病気になったり、など。それに直面して、どう反応しますか。これが最も大事です。

 普段にんじんは固いですが、お湯に沸かすと柔らかくなっていた。
 卵は脆くて壊れやすいです。小さい殻は中身を守っている。お湯に入れられて、液体は硬くなっていた。
 挽いたコーヒーの種はばらばらになっていたのですが、お湯に入れられて、一つになって、水に色をつけてしまいました。

 「あなたは三つのうちどちらに似ていますか」、とお母さんは娘に聞きました。
逆境に立ち向かうときに、どんな反応をするか。そのとき、あなたはにんじん、卵、コーヒーですか。
 にんじん:硬くて強く見えますが、苦しいときは弱くなって、力を失ってしまいます。
 卵:やさしい心を持っている人で、逆境にあっても落ち込まず、かえって自信を得て自分らしい形式を取って進んでいく人です。あるいは、卵のように弱く見えるのですが、問題が発生したときだんだん自分を状況に合わせて希望を持って生きる人ですか。また、あなたは卵のように自分の(殻に)表情を崩さず、心を石のように硬くして恨みや憎しみをもって、閉じこもるひとですか。
 コーヒー:他人と力を合わせて、苦しい現状を変える力を得て、自分の味や臭い(生きる希望、神様に対する信頼、隣人愛の大切さなど)を発散するひとですか。コーヒーの種であれば、状況が悪化すると共に前より良くなって、逃げずに厳しい現実の状況を変えて、周りの状況を変える人ですか。

 コーヒーはワンマン(one man)のパターンで生きるものではありません。必ず、他人と手、力、知識、才能、アイディアをあわせて神に信頼を寄せあって夢に向かって歩む人です。

 見通しは暗く苦難が訪れると、あなたはどう応えますか。
あなたのストレス解消方法はなんでしょうか。逆境とは心や体の病気、家庭問題、子育ての悩み、職場のストレス、人間関係、コミュニケーションの問題、失業、希望が叶わないこと、いくら頑張ってもなかなかうまくいかないこと、誤解されること、失敗したことの後悔、将来に対する不安、など。

 そのとき あなたはにんじん、卵、コーヒーの種ですか。

  優しくなるために喜びを、
    強くるために挑戦を、
      人間らしくなるために苦しみを、
        幸せになるために希望を得ることができますように。

 将来が明るくなるためには過去の傷やわずらわしさを認めて心から放さなければなりません。

 生まれたとき あなただけが泣いて、周りは微笑していました。
 最期に 人々が泣くときに
  あなただけが微笑するようになるために 一日一日を大切に生きていなさい。


                  カトリック倉敷ブロック「教会ニュース」7月号 より
                              2010.7.1 倉敷教会<広報部>



d0181692_431486.gif

 
                  ボクの名前は「クレバー」。 賢い羊だってさ(^^)
                  共同宣教司牧・倉敷ブロックのマスコットキャラクター。
                  倉敷ブロック発足当時の公募で付いた名前だよ。
# by CatholicKurashiki | 2010-07-09 00:00 | 初めてのみなさまへ

普遍

祈りのことば・・・

時代と共に、人びととともに、
祈りの言葉が変化してきました。
しかし、祈ることへの人びとの想いはまったく変りませんね。

 ここに ご紹介するのは昭和40年代に公教会祈祷文として日本のカトリック信徒のために布教されていた祈祷文です。 言葉の言回しが文語体で書かれています。 この時代を教会で過ごした信徒の方々は現在でも口をついて出るようで・・・懐かしい言回しですね。


≪ 主祷文 ≫
天にましますわれらの父よ、願わくは御名(みな)の尊まれんことを、御国(みくに)の来らんことを、御旨(みむね)の天に行わるる如く地にも行われんことを。*われらの日用の糧を、今日(こんにち)われらに与え給え。われらが人に赦す如く、われらの罪を赦し給え。われらを試みに引き給わざれ、われらを悪より救い給え。アーメン。

≪ 天使祝詞 ≫
めでたし、聖寵(せいちょう)充ち満てるマリア、主御身と共にまします。御身は女のうちにて祝せられ、御胎内の御子イエズスも祝せられ給う。 *天主の御母(おんはは)聖マリア、罪人(つみびと)なるわれらのために、今も臨終の時も祈り給え。アーメン。

≪ 栄唱 ≫
願わくは、聖父と聖子と聖霊とに栄えあらんことを。 始めにありし如く、今もいつも世々にいたるまで。アーメン。 
                        (カトリック中央協議会編1962年21版から)


「ああイエズスよ 主はかつてこの世にましませし時、主を信頼し奉る者に対して、常に御あわれみと御力とを現わし、その悩みを除き、憂いを慰め、病をいやし給えり。主はいつも御あわれみに充ち給うが故に、『主よ、御身の愛し給う者病めり』と叫び奉るわれらの祈りを聴き給い、思召しならば、全能の御手をこの病人の上に延べ、その健康を快復せしめ給え。
 われら罪人なれども、病人の快復なる聖母マリアの御取次ぎによりて、この切なる祈りを主に献げ奉る。アーメン。」      
                       (カトリック 公教会祈祷文/昭和47年発行版)
d0181692_102914.jpg

# by CatholicKurashiki | 2008-07-26 10:29 | 想い出と記録のページ